語順 3/3

I went to the concert last night.
わたしは昨夜コンサートに行きました

こういった短い文章でさえも、英文に対して正しい日本語の文法を使うという理由だけで英文の持つ大事なニュアンスを無視して翻訳してしまっているのがわかると思う。

あなたが英語をマスターしたいのであれば、ここは英語的ニュアンスの方を大切にして

『わたしは行きました。コンサートへ昨夜』

と解釈して言葉を理解するようにた方が英語を話すスキルが身につきやすいのがわかると思う。

しかし学校の英会話の授業でも意訳スタイルを使って意味を解釈させながら英語を話させようとしているので、英語を話す前に語順の入れ替えをせねばならず、いざ話すとなるとモタモタしてしまうわけだ。

もし、あなたが翻訳家になりたくて英語を勉強してゆくつもりなら、このブログは役にたたないと思うが、英会話をマスターしたいと思っているのなら、今すぐに語順通りに英語を理解してゆく方向に考え方を切り替えたほうがいい。


londb.jpg


では最初に書いた日本に来たばかりの外国人風ブロークンジャパニーズはどうだ。


わたしは行きました。  コンサートへ昨夜。
I went   to the concert last night.


下の英文とくらべても、この表現のしかたの方が英語にシンクロしている。

英語を理解し話す上で大事なことは、まず和訳がブロークンジャパニーズになろうと、こういう文体で英語の持つフィーリングをできるかぎり崩さずに英文と日本文の語順をシンクロさせて意味をサウンドといっしょに覚えていく練習をすることだ。

そうすることで、日本語でも英文の構成がよく理解できるようになり、熟語や単語を英語に入れ替えるのもすごく楽になる。

なので、英会話をマスターしたいなら英語特有の意思表示が先にくるパターン通り『I went』は 『わたしは行きました。』と訳を文章の冒頭に置いて解釈するべきだ。

ヒヤリングにしても、ネイティブが話しかけてくる英語はこういった意思表示が先にくるパターンであなたの耳に入ってくるから、こういう文体のサウンドになれるのも大切だ。

遊びのつもりで崩した日本語訳を自分が日本に来たばかりの外国人になったつもりでロールプレイしてみるのもイイかもしれない。

それがあなたが英語を話すときに必要な『フィーリング』だ!



この記事へのコメント