ヒヤリング

海外生活で必要なヒヤリングのレベルとは?

たとえばあなたがカナダに住むとなると、キャッシュカードを作ったりするために銀行に口座を開設することが必要になります。

その手続きのために銀行に行くと、必ず個室に通されて担当者にIDを見せたり必要書類を書かされたりします。

そのあとクレジットカードや投資などのセールスの説明も受けることになるんですが、この動画の人の口調がまさにそれに近い感じです!

(この動画では料理をやっていますが、じつは投資の勧誘の説明をしています。)

いまはこの動画を見ても、この人が何を言っているのか大体理解できますが、移住した当時はこのレベルのヒヤリングにも苦労したものです。

この動画はTDバンクというカナダでは大きい銀行のCMですが、海外で普通に生活をしたいと思っている人は、この人の説明が理解できるくらいのヒヤリング力が必要だと思います。

ちょっと聞いてみてください。

どれくら理解できるでしょうか?





たとえば最初の出だしのところのセリフですが、こういうことを言っています。


Managing your own investment it can be really satisfy once you'll get
the hang of it.

自分の投資の管理をすることはとても満足感のあることですよ、一度やって慣れてしまえばね。

But if you’ve never done it. How do you get going?

しかし、以前やったこともないのに、なにから手をつければいいんでしょうか?


海外に住んで日常生活でいろんな人の話し方を聞いていると、英語のサウンドの流れがよくわかるようになりヒヤリングが楽になってきます。

そこには英会話スクールのロールプレイにはない生活のリアリティ感がありますから、一度海外でヒヤリング力を身につけてしまえば忘れることはないと思います。

話は飛びましたが、ヒヤリングはまずは簡単なものから始めて単語の意味と同じくらいイデオム(熟語)の意味を覚えることでヒヤリング力が上がると思います!

See ya!



この記事へのコメント