ナンバー

海外生活をしはじめて、まず最初に困るのが数の数え方だ。

モノを買ったときに口頭だけで値段を言われたり、電話番語を聞いたり言ったり、あげればキリがない。

その中でも日本人がもっとも困るのが千の単位から上だ。

知っての通り英語には1万という位の名称はない

1万はテンサウザンドだ。(10,000)

10万はハンドレッドサウザンドだ。(100,000)

100万はワンミリオンという位の名称がある。(1,000,000)


問題は1万と10万の単位をどう頭の中で処理して、数を聞いたり、すばやく言葉にするかだ。


num.jpg


いちばんイイと思った方法が、頭の中から1万という日本語の名称を削除してしまって、
10千(ジュウセン)とおぼえておくことだ。(10,000)

10万なら100千(ヒャクセン)とおぼえる。(100,000)

これでややっこしい千から上の英語での言い方がすべて解決した!

1万2千ドルなら12千ドル(ジュウニセンドル)と覚えてトゥエルブサウザンドダラーでオッケーだ。($12,000)

15万ドルなら150千ドル(ヒャクゴジュッセンドル)でワンハンドレッド・フィフティサウザンドダラーでオッケー。($150,000)

これになれてしばらくすると、数を見ただけでスラスラと英語で言えるようになってくるので、日本語でのカウントも必要なくなります!

See ya!


この記事へのコメント